脚というのは、体の中でも特に痩せにくいといわれています。 では、なぜ脚は痩せにくいのでしょう。 それは、身体の下にあり、心臓から遠いからです。 夕方になると脚がむくむという女性も多いものですが、これも同様の理屈になります。 よく下から太り、上から痩せるなどといいますが、特に女性の場合には、ダイエットすると胸が小さくなり、脚はなかなか細くならないということに悩む人も多いようです。 それに、胸の脂肪がお腹や背中に流れるというのも、年齢を重ねるにつれて増えてきます。 つまり、脂肪は重力によって、下へと移動する傾向があるのです。 また、血液が身体の様々な器官に栄養や酸素を送ったり、不要な成分や排出物を運び出していますよね。 でも、脚は血液を送るポンプにあたる心臓よりも下にあります。 しかも、心臓から離れているために、血行が滞りやすいのです。 これによって、運び出されるはずの余分な水分が溜まればむくんでしまいますし、脂肪が溜まれば太い脚になってしまうでしょう。 逆にいえば、脚の血行を促進して、滞らないようにすれば、脚痩せしやすくなります。